大野市和泉地区史跡・跡地

(旧和泉村)

白馬洞

 大野市箱ケ瀬にある、北陸では珍しい鍾乳洞。
 
  穴馬伝説の発祥の地、穴馬村の地名のいわれの地である。
洞穴は上下に長いのが特徴で、竜宮城へ通じているともいわれているが、実際には九頭竜湖につながっています。
 その昔、洞窟の中から突然に白馬が飛び出し、九頭竜の流れに沿って真っ白なたてがみを、朝風になびかせながら雄々しい姿で走り、大野市勝原の馬返し隧道あたりから引き返し、飛騨を経て、基礎の駒ケ岳に消え去ったという伝説により、白馬洞、馬返し、穴馬の名称が生まれたと言われています。
 現在は、崩落の危険があることから閉鎖しています。